僕の守り神インデラル!あがり症を克服し自信を持つ

ハート

インデラルはあがり症に効果的?

インデラルとは有効成分プロプラノロールを主成分とした高血圧症等に使用されている治療薬です。
イギリスにある製薬会社、アストラゼネカ社が開発販売しています。
主に狭心症の治療薬として使用されていますが、心拍数などを下げる作用があるのであがり症に使用している方も多いです。
あがり症とは人前にでて発表するときや、大事な話をするとき、などに上手く話せず、震えたりしてしまう症状です。
有効成分プロプラノールは心拍を抑えてくれ、心臓をゆっくりとさせてくれる効果があります。
交感神経にあるβ受容体を遮断し、心臓を休憩させてくれます。
心臓を落ち着かせることで、血圧が下がり、高血圧症や狭心症などに大変効果的なのです。
使用方法は症状に合わせて異なるのですが、あがり症で使用したい場合は、大事な場面の約1時間ほど前に10mg~40mgを使用します。
初めて使用する際は必ず少量から始めましょう。徐々に量を増やして様子を見ることが大事です。
注意しなくてはいけないのが、心臓のドキドキはおさまりますが、不安感などは改善されません。
不安面や気分の落ち込みなどを改善させたい場合は抗うつ薬などを使用しましょう。
インデラルはあくまでも高血圧症や、狭心症に開発された治療薬です。
他の高血圧症の治療薬を使用している場合は医師に相談してから服用しましょう。
効果の持続時間は3時間から4時間程度とされています。
比較的作用は短いほうなので、治療薬が抜けやすく日常生活に支障をきたすことはあまりありません。
リザトリプタンという発作薬との併用は禁忌ですので注意が必要となります。
副作用は、動悸や体重増加、心不全などがみられています。
使用した際何か異変を感じたら、直ちに使用を中止し、医師などに相談して下さい。
インデラルは、仕事面で使用している方が多く、あがり症に大変効果的だと言われています。
心臓のドキドキがつらいという方も多く、心臓を落ち着かせてくれるので気分が落ち着きます。
心拍数を抑えることで、緊張感がとけるというかたもいらっしゃいます。
手足の震えなどにも期待できるので、女優や俳優などでも使用している方がいらっしゃいます。
使用する際は必ず使用方法を確認して、用法容量を守りましょう。

■オススメリンク
 あがり症に有効なインデラルを通販するなら:お薬なび