僕の守り神インデラル!あがり症を克服し自信を持つ

ハート

インデラルの作用

インデラルとは高血圧や狭心症あるいは不整脈など循環器系の病気に用いられる薬であり、経口服用のβ遮断薬となります。
主成分をプロプラノロール塩酸塩とし、心臓に作用することで心拍数を下げることができ心臓を休ませることで血圧を上げる効果を得ることができ、心臓内にある交換神経のβ受容体を遮断するメカニズムとなり、循環器系の治療以外にも神経物質であるノルアドレナリンが分泌され交感神経を刺激し症状として現れるあがり症の治療や偏頭痛などの症状にも効果がある薬でもあり、様々な治療に広く用いられます。
あがり症に有効な理由として心拍数を下げる作用が緊張や不安によって声が震えたり、手足の震え、冷や汗、動悸などを抑えることができるため人前で緊張してしまう人が使用することにより、意図的に気持ちをコントロールすることができるようになります。
また偏頭痛に対しては予防のための薬として用いられ偏頭痛の発作を抑えることができるようになり約40%の確率で発作を抑制することができると言われ、発作頻度の高い方の症状を楽にすることができます。
服用にあたり禁忌とされている方は、心不全や喘息などの持病をかかえている方が服用すると持病を悪化させてしまう可能性があるため服用することはできず、糖尿病の方は低血糖になりやすくなるので服用に注意し慎重な服用が必要になります。
また偏頭痛の発作を抑える治療薬であるマクサルトと併用してしまうと作用を強めてしまうことがあるので併用はしないようにしてください。
副作用には倦怠感やめまいなどの症状が飲みはじめに現れることがあり、気をつけなければならない症状に徐脈が挙げられ脈拍が1分間に50を切ることや息苦しいと感じることがあれば前兆の可能性があるので速やかに医師への受診が必要となります。
同時にこういった症状は心不全や心ブロックの可能性もあるので合わせて初期症状には注意が必要です。
インデラルの購入はインターネットを通じて海外から購入する方法と病院で医師から処方してもらう方法があり、はじめての服用では医師から処方してもらう方がより詳しく説明してもらるはずです。